エネルギーフロンティア TOKYO GAS

LIVE ENERGY 100

東京ガスが刊行する建築業界向け機関誌「LIVE ENERGY」が、2012年10月に通算100号を迎えました。

LIVE ENERGYの発行を開始したのは、1981年。以来30余年にわたり、たいへん多くの方々に支えていただき、100号まで続けることができました。皆様のご愛顧に心より感謝いたします。
今後も皆様のお役に立つ情報をお届けできる誌面づくりを心がけてまいりますので、末永くご愛読いただけますようお願い申し上げます。

LIVE ENERGYとは?

LIVE ENERGYは、東京ガスと建築界をつなぐ情報誌として1981年に誕生し、このたび通算100号となりました。
現在は年3回発行し、建築界をはじめ、多くの方々にご愛読いただいています。
どのような情報誌であるか、以下のコンテンツをご覧ください。

イラストで見るLIVE ENERGY

藤森照信氏が建築作品を紹介する「現代建築考」をはじめ、有名建築家同士の対談「空間談議」、時代を超えて活用されている建築物を紹介する「甦る建築」など、現在掲載中のコンテンツをイラストでご紹介。
編集者の苦労、こぼれ話なども織りまぜてみました。

LIVE ENERGY 名コンテンツ

LIVE ENERGYが100号に至るまでには、たくさんの方々にご協力いただきながら、数多くのコンテンツをつくってきました。
いずれも内容が濃く価値のあるものだと自負していますが、その中からいくつかピックアップしてご紹介させていただきます。

100のLIVE ENERGY

創刊号から100号まで、LIVE ENERGYのトップページを一堂に集結させました。
CGあり、イラストあり、写真あり…どれも印象的でインパクトがあるものばかりです。
その時代を象徴するデザインを眺めながら、そのときの風潮や空気を感じてみてください。

スペシャル対談

鈴木博之氏と五十嵐太郎氏による、100号記念のスペシャル対談です。
31年前にLIVE ENERGYが創刊されたことから、テーマは「建築の30年と建築メディア」。
30年における建築の動向、そして建築メディアの変遷と重要性などについて語っていただきました。