入賞作品

第4回 : エコロジカル・パーク

優秀賞

優秀賞

岡本直、黒崎幸夫、高木春生、佐武良祐、吉井功、佐藤隆史、成重和徳

作品の全体を見る PDF(0.8MB)

COMMENTS

審査委員 内井昭蔵
人工的素材である機能組織をもとにメカニカルな生態系をつくる案で、先の二案(並木案・夏野案)と対比すべきものといえる。
審査委員 小倉善明
身近に環境をつくる装置というようなものを連想させる点を評価したい。提案の中で最もユニークな案である。
審査委員 木村建一
優秀作品の一つ(岡本案)はフィブラの木という繊維に託して生態公園を提案し、ほかの一つ(渡辺案)は呼吸する多重膜で異なる気候を包む島を提案した。いずれも緑豊かな主題のイメージを忠実に表現しきった優れた作品だと思う。
審査委員 六角鬼丈
人工樹ともソフトエネルギー利用のサイボーグともいえる環境助成装置は考え方に協調でき、リアリティも感じさせられるユニークな案で最も気に入ったのだが、装置そのものの表現に欠けたのが惜しい。