入賞作品

第6回 : 津久井サテライトエリア計画

優秀賞

優秀賞

吉田佳之、江波戸宏、林健太郎、長沼克拓、黒谷哲也、浅井直之、青木香織、内田孝、古川真、茅野秀則、中久喜康秀、尾身武彦、奥田清明

作品の全体を見る PDF(1.4MB)

COMMENTS

審査委員長 池原義郎
最優秀案とは対照的な仕方で提案されているのが「ESPLANADE」であった。サテライトの具体的な施設内容を持ち、水と空気と光の総合体のシステムを示し、しかも建築的な形態も示している。この二つの案が、課題の中に書かれている「このまま実現するプロジェクトではないが、実現しうるだけのリアリティを持ち、実現へのインパクトをはらんだ」という言葉との関係で議論が展開し、心と技術の統合という詩的なインパクトに高い評価が集まった。
審査委員 原 広司
優等生の答案のようであり、総合力がうかがえる。
審査委員 村尾成文
研究施設と親水公園を一体化した提案。
審査委員 村上周三
優秀案「ESPLANADE」や佳作案「Ecological satellite」は、エネルギーや廃棄物のリサイクルシステムの提案において水準の高いものであった。