入賞作品

第8回 : コミュニティ銭湯

優秀賞

優秀賞

古川真、石津孝夫、室淳二郎、福原恒雄、板倉恵子

作品の全体を見る PDF(1.1MB)

COMMENTS

審査委員長 内井昭蔵
個の空間から場所を獲得していく方法を示唆している。
審査委員 尾島俊雄
夕日のドラム缶風呂は設備部の作品というが、技術を超越して、人間の交歓の本質を童話の世界に誘導する力量を示している。
審査委員 櫻井 清
ドラム缶風呂を並べるという、近代手法を逆手に取ったポエジーで訴えるというもので、ほのぼのとした味を出した画面が強く働きかけた。
審査委員 松尾 陽
この楽しさは何ともいえないもので、見る人を引きつけて放さない魅力がある。入浴という行為の持つ独特の開放感を見事に表現していて感心した。
審査委員 山下和正
リアリティのないポエティックなイラストレーションの美しさで票を集めたが、建築と設備のトータルな調和を求めた「建築環境デザインコンペティション」としては異例の入賞案といえる。