入賞作品

第11回 : 新しいタイプの都市公園

優秀賞

優秀賞

塩浦政也、萩田隆義、木村興造、原田鎮郎、久保俊介、若泉由香、馬衛東、八木稔文

作品の全体を見る PDF(1.3MB)

COMMENTS

審査委員長 黒川紀章
地下に公園をつくり、人びとがそのグレーチングの上を歩きながら公園を感じようというもので、そのヒューマンなスケールの感覚が好ましく、図面の表現力も見事であった。設備システムとしての雨水の循環システムもよいと思った。
審査委員 石山修武
普段見慣れている樹木と私たちの視線の関係を組み替えることで、新しい都市空間が出現することを示唆した。
審査委員 大野秀敏
「自然が好き」といいながら土に触るのを嫌う現代人の矛盾を突き、グレーチングの下に植物を配した、現代都市のための公園を提案している。少しシニカルなところで優秀に甘んじたが、批評精神に満ちた現代的感覚に冴えが感じられる佳品である。
審査委員 小玉祐一郎
地味だが着実な一歩になるかもしれない。
審査委員 中園正樹
アイデアと都市再開発手法がたいへん洗練されており、今回のコンペに対しては、実に的を射た作品である。