入賞作品

第14回 : 空き地のデバイス

優秀賞

優秀賞

久林正晴、宮下信顕、多田聡子、藪崎達哉、内田孝、川東亨和、松田泰子
[協力]勝澤康一、岩崎雄吉

作品の全体を見る PDF(1.2MB)

COMMENTS

審査委員長 原 広司
優秀賞の三案は、いずれも都市と建築の現状を十分に把握した上でその構想を立て、説得力のある図解を示し得ており、安定したレベルを感じさせる。
審査委員 岡 建雄
太陽光によって都市ガスから水素ガスを取り出し、自動車やコジェネレーションに利用するというものであるが、システムの面白さ以上に形態の面白さが評価された。
審査委員 松縄 堅
空き地を申し訳のように使うのではなく、大胆な位置づけを主張する提案で、太陽光を利用する水素エネルギースタンドを都市の未来的景観としてとらえた作品。