入賞作品

第19回 : キャンパスにつくられる子どもスペース

優秀賞

優秀賞

堤裕二、門田摂、家田秀和、石川学(大林組)

作品の全体を見る PDF(1.5MB)

COMMENTS

審査委員長 仙田 満
落書きをキャンパスに展開し、子どもの楽しい色使いによって、キャンパスを変えてしまうという意図が優れていた。
審査委員 岡部憲明
実に楽しい環境づくりへの提案だった。「描く」という行為がキャンパスの中に新たな世界をつくり出す。
審査委員 竹井秀雄
大学のキャンパス内に、落書きスペースをつくり、安心して遊べて、学生や地域住民との触れ合うこともできる場を提供する提案の卓越性と、楽しさがあふれている絵を評価した。
審査委員 大谷 勉
キャンパス内を子どもの感性で覆ってしまおうという夢のある作品からは、プレゼンテーションの豊かさも手伝って、子どもたちのうれしそうな顔がすぐさま浮かんできた。また、設備を含めるとリアリティばかりを追求してしまう傾向がある中で、この作品は子どもが描いた落書きにより電気を起こすという、環境を配慮した設備の提案をすることで、最後まで夢を裏切らなかった点を評価したい。