入賞作品

第21回 : 身体と頭脳を鍛えるコミュニティモデル

優秀賞

優秀賞

濱田慎太、祖父江一宏、百枝優(YGSA)

作品の全体を見る PDF(1.7MB)

COMMENTS

審査委員長 伊東豊雄
都会の住宅地の裏側にある隙間空間を、緑の環境として整備しようという魅力的な提案ではあったが、その提案を推進する主体、という視点の欠落が惜しまれた。
審査委員 川瀬貴晴
地域のあり方に対する夢を絵にしたものとして面白かったが、夢と現実を結び付ける部分についての提案も欲しかった。
審査委員 北川原温
現代の社会状況を反映した案で共感を誘う。思虜深いミニマリズムと言える。ただ、この案の問題点は、実現のための手法論や戦略性に欠けているところだろう。空間的なデザインも示してもらいたかった。またこうした案は都市の光の部分だけを善としてしまい、闇を否定してしまう。都市はむしろ闇を必要としていることも学ぶべきかもしれない。
審査委員 中島正人
環境的に見れば、街の中に風や光、水の道をつくる提案と考えられるが、もう少し積極的に狭義の環境や設備についても提案してほしかった。
審査委員 村松映一
表と裏のある街の構成をなくすことで、真に潤いのあるコミュニティと風景を生み出そうと訴える百枝案は訴求力のある魅力的なコミュニティモデルであった。