入賞作品

第22回 : 100m立方の環境ユニット

優秀賞

優秀賞

栗林浩一、小林賢次*1(R-works/*1有限会社勇建築設計事務所)

作品の全体を見る PDF(1.2MB)

COMMENTS

審査委員 可児才介
環境ユニットのひとつの方向性を示していて評価できる。このユニットが周辺に広がるには、その物理的容量がその大きさのエリアをカバーできる必要があるのだが、クリアできていなかったのは残念。
審査委員 川瀬貴晴
このような「塔」をモチーフにした作品の中ではスマートで、エンジニアリング面での考え方もきれいに表現されていたが、逆にその工学的側面での内容が気になった。