入賞作品

第23回 : 風と生きる建築

優秀賞

優秀賞

佐藤剛也、山田航司、清水大地、水島一彦、末森憲義、太田 望、阿部 真*1(清水建設株式会社/株式会社、ピーディーシステム*1

作品の全体を見る PDF(2.7MB)

COMMENTS

審査委員長 内藤 廣
大胆に風を取り入れる新しい集合住宅の提案であった。
審査委員 可児才介
失われたかつての街並みの中を通り抜ける風を高層建築の中に取り戻そうとする発想で、路地のある古い住宅街の水平面の構成をそのまま垂直に立てたような断面がとても豊かな空間を生み出している。階段等の縦動線が示されるとどうなるのか見たい。
審査委員 妹島和世
とても快適そうでこれからの生活や都市に対して大きな可能性を示していると思う。
審査委員 松田明彦
地域が三次元化するという発想に、エネルギーに携わり二次元の面的エネルギー利用推進を唱えている立場から、今後のエネルギーのあり方についても新たな視点を得ることができた。