入賞作品

第25回 : 場所に向かい合うコミュニティ施設

最優秀賞

最優秀賞

吉田清人、小林啓明、平井倫之、宮川裕輔、新野惠理、久田昌典、根元真孝、上野真理*1、西山剛生*2(KAJIMA DESIGN/株式会社 アルモ設計*1/G.D.S*2

作品の全体を見る PDF(3.4MB)

COMMENTS

審査委員長 隈 研吾
巧妙な案である。まずなつかしい「登り窯」テクスチャでわれわれを引き寄せ、われわれを安心させる。しかしよく見れば、登り窯のリニアな直線的構造は否定され、スパイラル状の新しい構造が提示され、その構造はまったく新しい熱、空気、そして人のフローを誘発している。長い歴史を持つ登り窯が、破壊的被害を受けた茨城県笠間をプロジェクトの場所として発見した点にも舌を巻いた。ノスタルジックなテクスチャの裏に、さまざまな知恵と挑戦があった。
審査委員 岡本慶一
笠間市で全壊した窯を直す人びとが集うリアリティある提案である。地産地消のエネルギーを利用した生き生きとしたコミュニティのあり方に、全員一致の最優秀賞ということになった。公開審査会のプレゼンは完璧だった。
審査委員 尾崎 勝
登り窯の復興の願いを裏山を取り巻く螺旋状の回り窯に託して最優秀賞となった。「物づくり」派の代表として、図象的な求心性、熱エネルギーの上昇感、祝祭性という強いコンセプトの重ね合わせが見事であった。
審査委員 佐藤信孝
登り窯の再生をきっかけに、食べ物と建物を循環させ、新たなコミュニティを生み出す提案である。窯を中心とした生活感や季節感が表現されると共に、土、木、風、水と人との繋がり、登り窯の熱のカスケード利用など総合的に優れた提案であった。
審査委員 田辺新一
被災した釜を単純に再生するのではなく、それらを繋げてコミュニティをつくり出すという点が高く評価された。祭りの要素が取り入れられ、集客や生業との関係性もリアリティがあった。
審査委員 千葉 学
登り窯をスパイラル状の回り窯として再生し、地域のさまざまな行事も含めてデザインしたものである。そもそもコミュニティとは、こんなに予定調和的に描けるものなのかという疑問は残るが、その緻密な構想力には脱帽である。
審査委員 手塚貴晴
論理の一貫性もさることながら、当日のプレゼンテーションの優秀さが他を圧倒していた。むしろ優秀であるが故に、何か穴はないかと意地悪な視点で批評を加えたい空気が審査会場に流れていたが、それを見事に跳ね除けてしまった。釜を渦巻き状にするという単純な操作が村落の構成を規定している部分もよい。その一方で建物そのものの表現が淡白であることが気になった。
審査委員 松田明彦
窯の再生とコミュニティの形成、窯余熱の地熱利用など、本コンペで求めた要素がすべて盛り込まれた上でよくまとまっていた。