入賞作品

第28回 : 植物的建築

優秀賞

優秀賞

古川香散見、今林寛晃、石原隆裕、岩井 健、内村 梓、小林 浩、武石和真 、千葉満輝、津田 誠(株式会社 山下設計)

作品の全体を見る PDF(3.0MB)

COMMENTS

審査委員長 古谷誠章
建築単体としての提案で僕の元もとのイメージに近く、それぞれに優れています。
審査委員 伊香賀俊治
自らのために存在しながら他者を益する植物を単体建築から街区・都市への展開を表現した秀逸な提案である。
審査委員 工藤和美
建築の余白に自然との共存となる小さな仕掛けを挿入し、変化を導いた点。(中略)、高く評価しました。
審査委員 車戸城二
利他という発想が印象的で、植物的なることと真剣に向き合っていて好感を持った。
審査委員 田中孝典
自らのために存在することが図らずも他者を利することになる建築を提案している。このような存在そのものが植物的だとしているのだが、この「植物的」の解釈が禅問答のようであり優れている。
審査委員 西沢立衛
たいへん開放感に満ちた建築を提案し評価されたが、生態系的想像力がもう少しほしかった。
審査委員 児山靖
植物が自分で成長しながら周りにも利益を与えるという部分を建築の中に組み込み、自然と都市が一体となって育っていくという発想が素晴らしいと感じた。